驸馬巷

   

皇帝の娘婿は古城淮安の西北隅にある奥深いひっそりとしている歴史の深い小さな巷に位置しています。明朝、朱元璋は皇帝になってから規則を破って姪を慶陽姫として戴冠を与え、黄宝を都尉(知事)として封じ、黄琛という名を与えました。の黄琛は淮安にいる時、ずっとここに住んでいましたので、その後原名の望仙巷をという名称に変えました。