相続人の母が住んだことのある部屋

   

幼年期の周恩来は未亡人叔母である陳氏によって育てられました。陳氏は詩や絵画が得意で、特定の文学的な質を持っています。周恩来が34歳の時、叔母は周恩来に識字ブロックを教え、書道を練習させました。5歳ごろ、古代の詩を暗唱することを教そわりました。幼年の周恩来は聡明且つ活発であり、顕著な記憶力を持っています。周恩来は生まれて6ヶ月ごろから陳氏の死までずっと相続人の母に従って一緒に暮らしていました。