書斎

   

「書斎」は周恩来が幼年期の読書する場所です。1903年、只5歳である周恩来は祖先コンプライアンス教えを遵守して、家塾に入って勉強を始めました。仲間の兄弟と一緒に勉強している中で、周恩来は最も聡明且つ勉強熱心で、記憶力が優れているそうです。