周恩来の銅の彫像

   

周恩来銅の彫像は高さが7.8メートル、その中で底座は3.6メートル、銅の彫像の高さは4.2メートルで、その姿は前世紀50年代末、60年代初めごろに周恩来が労働者、農民たちと一緒に親しく話し合った時の習慣的アクション、両手を腰に当て、顔に微笑みを浮かんだことを取り入れて、周恩来の気さくな風格を現しています。