本館

   

本館は高さ26メートル、四方形、内八角を呈しています。4本の花崗岩柱で4周恩来が生前、わが国で「四つの近代化」を実現しょうとする偉大な構想を提案したことはあることを意味しています。4本の花崗岩柱は寄棟屋根を支えているので、人々が古くから江淮平原(江蘇省、安徽省の二省に淮水の南部と揚子江北部の地域を指す)で水を持ち上げて田んぼを灌漑する牛車畜舎が思い出させるように見られており、周恩来の人生が国民へ奉仕した生涯である意味が含まれています。