水上輸送博物館

   

中国水上輸送博物館は江蘇省淮安市の楚州区にある漕運広場内の総督署(知事の事務所)遺跡の近くに位置しています。「運河の都」としての淮安は水上輸送文化を展示するために、中国水上輸送博物館を建造しました。淮安水上輸送総督署の遺跡は2002年、中国の主要な考古学的発見の一つであり、水上輸送博物館は水上交通博物館を統合して建設されたことで、人々へ水上輸送の古跡と歴史を完全に現わしています。