鎮淮楼

   

鎮淮楼は淮安シティセンター地区に位置しおり、古城淮安のシンボル的な建物です。北宋代期間に始めに立てられ、今から800年ぐらいの歴史を持っています。鎮淮楼はレンガと木づくりの構造で、タワースタイルのシングル建物となっています。上層は2階建ての山楼の建物で、全楼の高さが18.5メートルです。東西の長さは36メートル、南北の幅は26メートルで、造りとして優雅であり、構造は正直且つ堅実であります。清代、淮河洪水の災いを抑制するために、始めて鎮淮楼と名づけられました。