文通塔

   

文通塔は江蘇省の淮安市楚州区古城北西隅にある勺湖公園の中に位置しており、西は運河に臨んでいます。最初の塔名は尊勝塔でたが、唐代中宗景2708年)に建てられ、高さ44メートル、13階立てでした。現在、塔はレンガづくりの構造で、梁と柱は無く、7階立て八角があり、外形は黄色躯体と青色の軒となっています。2013年全国重点文化的遺産保護機関に選ばれました。