淮安府町役場

   

明代、国が創設後、つい江蘇省の北部で淮安府を設立し、山陽(現在、淮安市楚州区、清浦区及び洪澤県、阜寧県、濱海県、射陽県殆どの部分)、清河(現在、淮安市淮区)、安東(現在、水)、城、桃源(現在、泗陽)、沐陽、海州(現在、連雲港市)、赣榆、宿遷、瞧寧十一州県、治山陽県を管轄する。洪武元年(1368),知府(知事)である範中は淮安路の屯田打捕総管府を町役場にするため手入れしてから、中で事務をしていました。