シャツ

   

50年代につくられたものです。周恩来は生前多くの場合このシャツを着用されまして、襟、袖口などのことろは破れたものです。周恩来の要求に従いスタッフが破損綿袖口とネックラインに置き換えてから、周恩来は着続けることにしました。