革靴

   

この一足の革靴は周恩来が10年以上履きました。数回もわたって針で縫ったことがある。70年代まで周恩来が重病になってから重度の足の腫れたことで、着用することはできなくなってから運転手へ贈りました。